長く身に付けられるマタニティウェアを探そう【デザインに注目】

妊娠中の体を包む

レディ

産後も使えるかチェックを

マタニティウェアは、妊娠中に着用する衣類の総称です。マタニティウェアにはトップスやボトムス、下着類などあらゆる衣類のジャンルがあります。すべてをマタニティウェアに変える人もいますが、最小限に抑える人もいます。つわりの重さや妊娠中のライフスタイルは人それぞれなので、どちらを選んでももちろんかまいません。ですが、特にトップスやワンピースを選ぶときは、産後も使えるかをポイントに選ぶと無駄がないのでおすすめです。産後使えるかどうかの目安は、授乳口があるか、いつものファッションテイストに合っているかなどが一つの目安となります。産後母乳で育てる人は、最低一年ほどは一日に数回授乳をすることになります。生後半年までは母乳のみなので、授乳回数はより頻回です。そのときに授乳口といって、授乳しやすく服があいていると外出先でもささっと授乳の準備ができてとても便利です。授乳口は胸元がボタンであくもの、カシュクール状になっていてずらすだけで胸が出せるもの、スリットが入っているものなど様々ですが、できたら試着してから買うのがおすすめです。身につけてみたら授乳口が意外と大きくて下着が見えてしまったり、ボタンが外れやすくてすぐに開いてしまったりということがあるためです。また、マタニティウェアだからといって普段のテイストと違いすぎる服にすると、産後に着こなせません。産後はカジュアルになりがちですが、自分が着ていて楽しいと思うものを買うと忙しい育児中でも気分があがります。